穏やかDぶっぱ

たのしいぽけもんをしよう

【SMシーズン4スペレ(シングル61)最終4位】ハイブリッドミミッキュ軸

俺たちの1on1が帰って来た!

ORAS時代も過疎を乗り越え1900に乗せた得意ルールなので、

目標を1ページ目にしました。

 

思いのほかアッサリ最高2位まで上がれたのですが、

3DSが壊れてしまったため少し早いですが公開します

レート2003・3位(7/15時点)

最終4位でした!

 あとDL版だと思ってた本ROMがソフトでした、やったー!

 (サブROMがDL版だったのでそちらは死にました)

f:id:ginnnanpoke:20170715162518p:plain

 

比較的今回のスペレでよく見るポケモンばかりです。

・対応範囲が広いこと

・陽気スカーフオノノクスに7割以上の勝率が見込めること

・一撃技を持たないこと(甘えた選出をしないため)

この3点を意識して選択しました。

 

 

(以下常体で記述する)

構築経緯

冒頭でも述べたように、今回の目標は「1ページ目獲得」

これを目指すうえでまず最低限必要だと考えたことは、

「陽気スカーフオノノクスに簡単に負けないこと」

 

これは前回の構築(ダイレクトマーケティング)で強く反省したことで、

格下は出し勝てると思ってないので優先的にスカーフオノノクスを投げてくる。

 

特にスペレは過疎ゆえの格差マッチが多い。

1勝で5上がって1敗で30下がるゲームで一々ギロチンを避けていたら、

いつまで経ってもレートが上がる訳がない。

 

そこで今回は型破りギロチンに当たらない強い霊タイプから開拓

アイアンテール耐えのミミッキュギルガルドが候補に挙がり、

汎用性の高さからじゃれ+影打ち採用の呪いミミッキュを採用した。

 

このまま霊タイプで固めてもよかったが、

冒頭でも述べた広い対応範囲を持つポケモンが見つからなかったので、

「スカーフオノノがギロチン以外を押してくれそうだけど勝てる」

まで妥協することに。

 

しかし低速で固めると今度はビビヨンなどハメ系が苦しくなるため、

全体的な見た目上の素早さを高く保つように意識。

地震を耐えるカプ・コケコ

・馬鹿力を影打ちで透かし逆鱗なら素で耐えるゲッコウガ

地震を燃え尽きるでごまかし逆鱗を2耐えしそうなウインディ

この3匹を採用することにした。

 

残りはここまでで苦しい相手を意識しつつ高い汎用性を持つ駒探し。

オノノクスへの妥協ラインももう少し下げて、

「スカーフオノノのギロチンを1回避ければ勝てる」

まで渋々許すことに。

 

1on1において、再生技持ちはかなり少ない。

主に輝石の禁止、高KPポケモンが一撃技を振り回してくるのが主な理由。

とはいえ1ページ目を目指す以上完全に無対策とはいかないため、

優秀な積み技持ちから探して殻を破るイワパレスを採用。

低速だが特性の頑丈のおかげでまずまずの汎用性も確保できている。

強化アイテムを持てば岩石砲でオノノクスを倒しきれるので十分と判断した。

 

最後は安心感が欲しかったので、

幅広い相手に宿り木さえ当たれば楽に勝てるテッカグヤを採用。

 

 

ギロチンを1回躱せれば身代わりを張ってゲームエンドなので、

一応オノノに弱い訳ではない(信頼はしていないが)。

この枠だけは大した理由もなく決めたので、

最終日に自慢のスペレ戦士枠に変えようと思っていたが叶わなかった。

 

 

誰も一撃技を持っていないのは下記の理由による。

・スカーフオノノにも勝てる汎用性の高い駒が見つからなかった

カミツルギオノノクスドリュウズなどは全員オノノクスに弱い。

半減実を持っても汎用性が下がるだけなので却下。

 

・一撃技を持つことで却って甘えた選出になる

最序盤に試しにスカーフオノノクス入りで潜ったのだが、

「最悪ギロチンがある」ことによって明らかに思考が鈍った。

命中3割のポケモンを「選出しやすい」と感じることは、

1ページ目を目指すという目標と相反するため探すことすらやめた。

 

7世代要素を多く盛り込んだPTにしよう、という隠れた目標もあったが、

ゲッコウガ以外はこれを満たすことができた。

イワパレス:A上昇、ウインディ:燃え尽きる)

 

個別紹介

 

f:id:ginnnanpoke:20170715140745p:plainゲッコウガ

変幻自在/無邪気@命の珠

149(12)-116(4)-106(148)-148(196)-81-177(148)

ハイドロカノン 冷b 草結び 影打ち

 

調整意図

・陽気オノノクスの逆鱗を93.6%耐え

・最速ゴウカザル抜き

・残りC(無振りカイリューが落ちそうなくらい)

 

前回から唯一の残留

相手の中高速ポケモンを躊躇させる素早さと技範囲の広さは、

他のポケモンではなかなか再現できない。

 

オノノクスを屠る冷b、最大打点のハイドロカノンは確定。

影打ちはダゲキキノガッサ、ポリZなどの無闘打点を透かす。

特に10万のないポリZはスカーフ持ちでも勝てるようになる重要技。

 

ORAS時代ダストシュートだった枠を草結びに変更。

理由としては下記3点。

・フェアリーが減り、またゲッコウガ以外の多くが相手をできる

・カグヤに誘われてジバコイルが大量に飛んでくる

・滅びラプラススイクントリトドンが面倒だった

 

タイプ変更を生かして相手の攻撃に耐性を作り、

複数回行動することが強みと考えているため珠を持たせた

 

眼鏡ラスカノを選択された場合ジバコに勝てないが、

みんな優しいので10万ボルトか破壊光線を打ってくれた、ありがとう。

 

f:id:ginnnanpoke:20170715142642p:plainカプ・コケコ

エレキフィールド/臆病@拘り眼鏡

169(188)-*-105-138(164)-95-187(156)

10万 シャイン めざ炎 雷(自由枠)

 

調整意図

・陽気オノノクス地震を確定で耐える

・最速エンニュート抜き

・CSジバコイルを10万で超高乱2(94.16%)

・D下降補正なしのジバコイルのミラコで生存

 (最大84⇒168ダメ)

 

高速枠②

相手のゲッコウガに抜かれているが、

コケコとゲッコウガを見てゲッコウガ投げる人はごく稀なのでセーフ。

意地スカーフ、ロゼル龍舞以外のオノノに勝てる

少し振ったことで上から2回動きやすくなった

 

汎用打点の10万、オノノを屠るシャインまで確定。

めざ炎は鉢巻カミツルギを咎める技。

ジバコイルにも最初はH振りでも倒しうるめざ炎を振っていたが、

環境のほぼ全員がCSミラコを打ってくるので10万選択するようになった。

 

ラストの雷は10万で届かない相手を飛ばすための自由枠で、

ウインディローブシン(このルールではあまりチョッキを持たない)、

呪われ期待で再生連打してくるブルンゲルをワンパンする技。

(特化されていると10万では低乱数)

 

草結びにしておくとマンムードサイが見えても投げやすくはなるが、

それ以外に打たずKPも決して高くない相手なので諸説。

 

実はコケコ以外スカーフトゲキッスに勝てないので、

悩んだ振りをしつつ格下には絶対にコケコを投げていた

(それでも5連怯みで負けた)

 

f:id:ginnnanpoke:20170715145332p:plainミミッキュ

化けの皮/意地@フィラの実

162(252)-132(76)-114(108)-*-126(4)-125(68)

じゃれつく 影打ち 呪い 身代わり

 

調整意図

・陽気オノノのアイアンテール確定耐え

・陽気珠ミミッキュの影爪(フィラ発動)⇒影打ち耐え

・臆病珠ゲッコウガハイドロカノン確定耐え

 

・じゃれつく+影打ちで無振りオノノクス確定

・同上で無振りミミッキュ確定

・影打ちでH振り矛ガルドに51.4%~

・最速テッカグヤ抜き

 

今回の構築の軸。

呪い型でありながら守るを切りじゃれかげを採用したことで、

自分より早く呪いハメができない相手に打ち合いができる。

具体的には、上位KP30の最もメジャーな型に対して

下記のような相性関係を持つ。

 

オノノクスギルガルドミミッキュポリゴンZ

ジバコイルゲッコウガカイリューマリルリ

イワパレスドリュウズカプ・コケコテッカグヤ

ドンファンカプ・テテフランドロスガブリアス

アシレーヌスイクンダゲキウインディ

トゲキッスヒードランマンムーナットレイ

トリトドンクレベースランドロス

 

型によるが有利

(うち太字は殴れるミミッキュだからこそ勝てる相手)

微妙

無理

 

勿論オノノクスの鉢巻アイアンテール等相手の型次第ではあるが、

基本的に低レートが使うポケモンは最メジャーな型と考えて良い。

 

呪いミミッキュのSを下げる発想はORAS時代のHBポリZから

流用したものだが、実際のところ抜かれて困る相手は殆どいなかった。

どうせ霊ランドやウインディはS操作から倒される。

ニドクインと対面して終わったと思ったら相手も無振りだった)

 

むしろ仮想敵のオノノクスを筆頭に耐久振りが生きる場面が

想定以上に多く、軸と呼ぶに相応しい活躍を見せた。

 

f:id:ginnnanpoke:20170715153250p:plainウインディ

威嚇/控え目@突撃チョッキ(or木炭)

185(156)-117-113(100)-167(252)-100-115

燃え尽きる めざ氷 神速 バクア(orニトチャ)

 

調整意図

・陽気オノノクス地震⇒燃え尽き後地震耐え

・陽気オノノクスの逆鱗高乱で2耐え(85.14%)

・AC+1段階上昇のガルドのシャドボ⇒影打ち耐え

 (威嚇+バクアで弱保起動した状態)

・控え目ポリZの破壊光線確定耐え

・控え目ポリZの騒ぐ⇒バクア⇒騒ぐの流れで両方最高乱数以外耐え

・燃え尽きる⇒めざ氷⇒神速で無振りオノノクス確定

・バクア+燃え尽きるでH振りガルドまで確定

・燃え尽きる⇒殻を破る⇒神速の流れで無振りイワパレス確定

・準速61族+2(と言う名の無振り)

 

見た目だけ早い枠②

実際最速だと抜かれているためか、ビビヨンが一切来なかった

感謝。

 

1on1はオノノクスと同時にギルガルドが多い。

霊・悪は威力不足、地は風船のため安定しないことから、

ガルドに勝てる(非接触の)炎タイプの需要は高い。

ウインディは更に条件付きでオノノクスにも勝てるので、

1on1界最優秀炎ポケモンと言っても過言ではない。

 

燃え尽きる使用後属性なし(強いて言えば悪あがきタイプ)になるので、

自分より遅い岩(パレス)や地(ドンファン)に非常に強い。

水タイプと再生回復持ち以外にそこそこ戦えるのでとても投げやすい。

 

燃え尽きる⇒めざ氷⇒神速の流れでオノノを倒すために技3つ確定。

残りは自由枠だが、多くの使用者は珠ニトチャだった印象。

珠はゲッコウガに取られていたため、別の持ち物を探した。

木炭ニトチャで下降補正でも呪いミミッキュの身代わりを割れるので、

ミミッキュが多い時は木炭ニトチャ、

スカーフポリZの増えた中盤以降はチョッキバクアで使用。

 

 

燃え尽きるウインディ強いんじゃない?って軽い調整つきでツイートしたら、

そこまで一匹も見なかったのに2日後くらいにめっちゃ増えててびっくりした。

僕が環境を動かしたと錯覚しそうになった。

 

☆めざ氷ウインディをお貸しいただいたもずさん、ありがとうございます。

 

 

f:id:ginnnanpoke:20170715172536p:plainテッカグヤ

腕白/ビーストブースト()@バンジ

183(84)-122(20)-169(244)-*-122(4)-101(156)

宿り木 身代わり 守る ニトチャ

 

調整意図(僕の趣味なので何でもいいと思う)

・ニトチャ後最速ダゲキ抜き

・意地ダゲキの鉢巻インファでバンジが93.6%発動しない

 

・ニトチャ2回で無振りカミツルギ確定

・B-4無振りダゲキへのニトチャで確2

(インファ⇒身代わりの流れを3回やった後インファ⇒ニトチャ2回)

 

一番煮詰められていない枠。

あまり役割対象の拡張ができる技構成でもないので、

しっかりハメ展開できる性能を維持しつつダゲキだけイジメることにした。

(実際は普通に耐久振られていると怪しい)

 

露骨にカグヤ突破できなさそうなPTは結構いっぱいあったので、

適当に放り投げてお茶を濁す。

 

見た目上トゲキッスに強そうだけど普通に負ける。

見た目上ポリZにとても強そうだがトリックで普通に負ける。

守るを切ってしまうと宿り木で封殺できる範囲が著しく狭まるので、

一長一短なように思う。

 

ニトチャはバンジと合わせ宿り木でロックする範囲を拡張するための技。

このルールでカグヤに残飯を持たせる理由は基本的にない。

鉢巻カイリューにも炎P⇒身代わり(バンジ発動)⇒

宿り木⇒守る⇒ニトチャ⇒守るでロック可能。

火力自体は呪いミミッキュの身代わりを割れないレベルなので、

ボンバーと合わせて勝てるぞ!ってチョッキ採用してる人は

もう少し算数頑張ってほしい。

 

f:id:ginnnanpoke:20170715180940p:plainイワパレス

頑丈/意地@プレート

161(124)-171(244)-146(4)-*-96(4)-82(132)

岩石砲 ロクブラ 殻を破る カウンター

 

調整意図

・陽気鉢巻オノノクスの逆鱗93.6%耐え

・意地珠イワパレスのロクブラほぼ3耐え

 

・殻破り後ミミッキュ抜き

・岩石砲でHBラプラス確1

 

ハイボ/見切り/瞑想/ムンフォみたいなニンフィアを感じる。

(トリプル勢くらいにしか伝わらなさそう)

 

いわゆる頑丈枠かつ破壊光線枠(必須ではない)。

ロクブラ、岩石砲の両立で疑似的に身代わり耐性がある。

そういう意味では騒ぐ破壊光線ポリZに近いとも言える。

 

ASでもそれほど問題ないのだが、

鉢巻オノノに逆鱗で飛ばされたのが気になったので少し耐久に割いている。

ミラーした際からやぶとロクブラで相手と違う技を押せれば勝ちうる。

一方でASならテッカグヤにニトチャを合わせられてもその上を取れる。

ここは趣味の範囲だと思う。

 

ロクブラと岩石砲は確定。

採用理由のvs再生持ちのため殻を破るも確定。

ラストが個人の好みが大きく出るところだが、

今回は拘ったカミツルギを重く見てカウンター。

ドリのアイへを耐えてカウンター決めたのが一番面白かった。

 

頑丈同士でぶつかるとこちらの方が遅いため大抵不利がついてしまう。

レンブとか持たせたかった。

あとは常に9割を振り回すので非常に心臓に悪い。

ORAS時代と比べAが10上がったおかげでかなり使いやすくはあった。

 

終結

f:id:ginnnanpoke:20170718202126p:plain

最終4位

王冠こそ付けられなかったけど初の1ページ目左側です。

まぁ満足しておきましょう。

 

辛かったポケモンミミッキュに強い一撃技マンです。

カミツルギとかドリュウズとか)

何のために頑張ってオノノに強くしたんだ・・・

 

今期は早い段階でスペレ2000乗っけて、シングル適当に21乗せれば

ワンチャン2人目のSM総合8000!?なんて思ってたので、

3DSの破損は本当に残念です。

(というか来シーズンからどうするんだこれ)

 

 シーズン5は終盤に潜ってORAS時代10位を掠め取った、

これまた得意ルール(ほんとか?)のさかさバトルです。

競ってくれる人がいそうなので今期こそ総合やりたいですね。

ではでは!

 

Special Thanks

もずさん(めざ氷ウインディ

Kionさん(つよポケ相談(結局解雇してしまった)(申し訳ない))

ワイルドさん(通話)

たんそマンさん、ともしさん

(泊まりに来た時に僕が「これ強いと思う!」

 って垂れ流していたのをひたすら聞いてもらった)