読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穏やかDぶっぱ

たのしいぽけもんをしよう

【フェアリーガーデン構築】デデナイトチート

過去の公式大会ですがまとめてなかったので簡単に紹介

個体ミスが響き126位でした

 

<ルール>

フェアリータイプのみ参加可能

全てのポケモンがレベル30に

 

<使用構築と基本方針>

f:id:ginnnanpoke:20160214035439p:plain

育成ガバガバ

クレッフィ@しあわせタマゴ✝

 

メガ枠は妖精のみの環境でどう考えても多いクチートを避け、メガサナを選択

僕はミラーの同速勝負勝てませんからね

 

エルフとデデンネで起点を作り太鼓マリと瞑想ノイズサナで抜いていく流れ

クレッフィは眼鏡持って起点作りと抜きの両方をできるはずでした()

 

 

<個体解説>

 

f:id:ginnnanpoke:20160214040103g:plain

クチート@スカーフ/力尽く/陽気

アイヘ じゃれつく 炎の牙 不意打ち

79-84(252)-65-*-47-69(252) ASぶっぱ

 

メガサナ軸とは言え選出画面に両方置いておかないとバレバレなので採用

可能な限り単体性能を高め(かつ素クチのみ可能なことを探し)た結果スカーフ

頼りない火力だがサーナイトを上から確1くらいはできる

炎の牙はメガクチに一切当てなかったので最低のクソです

力尽くクチートを提供して下さったJAWAさんありがとうございました

 

f:id:ginnnanpoke:20160214041219g:plain

マリルリ@オボン/力持ち/意地

じゃれつく 滝登り 腹太鼓 アクジェ

119(132)-69(252)-62-*-62-53(116) 

調整:できるだけ同速とクチートにS勝ちたかった()

 

今回の育成ガバガバ個体①

Q.オボン太鼓なのになんでHP4nじゃないの?

A.レベル30なのわかってなかったです

 

後述のエルフーンとかデデンネの作った起点から暴れる

技構成も太鼓アクジェは確定、じゃれ+登りで全員に等倍以上

ごくごく普通の構成でごくごく普通に活躍した

 

f:id:ginnnanpoke:20160214043116g:plain

クレッフィ@しあわせタマゴ/悪戯心/控えめ

83-*-68-89(252)-66-78(252) 

電磁波 ラスカ すりかえ 光の壁

 

今回の育成ガバガバ個体②

潜ってからも気付かずにデデンネくんへすりかえポチー

"クレッフィの すりかえ!"

"相手のデデンネは しあわせタマゴを 手に入れた!"

 

・・・死にたかったです(何故か勝った)

 

ホントは眼鏡で殴っても強い、起点作りでも強いって感じのはずでした

 

f:id:ginnnanpoke:20160214091850g:plain

 

エルフーン@襷/悪戯心/冷静 ※最遅個体

85-*-65-86(248)-60(12)-66

がむしゃら 自然の力 置土産 アンコール

 

今回のドッキリお遊び枠

後攻がむしゃら→自然の力(補助技扱いなので優先度+1トラアタになる)で1匹持って行きたかった

最遅にすることで最速メガクチより遅くなり、かつ不意打ちで自然の力が引っかからない

本番ではクチートには決まらなかったがメガサナを3体くらい持って行った

ぶっちゃけ置土産さえ通ればマリルリの腹太鼓が通るので後はなんでもいい

今更だががむしゃら通したいならH振っちゃダメだったのでは()

 

技構成は置土産、やりたかったがむしゃら自然の力、起点回避のアンコで確定

最低でも絶対に置土産は通るので選出すれば活躍した

 

f:id:ginnnanpoke:20160214042632g:plain

サーナイト@メガ石/シンクロ→妖スキン/臆病

105(200)-*-53-132(96)-95-90(212)

シンクロノイズ めざ地 瞑想 身代わり

調整:メガ前身代わりが不一致イカサマを耐える

   メガ後最速80族(キッス)抜き

 

今回の育成ガバガバ個体③

メガ前トレースで悪戯心身代わりでクレッフィの電磁波を躱す予定だった

特性カプセル使い忘れててシンクロのままで参戦

相手の鍵も麻痺ったが動かないのはこちらだけ、せやろなぁ・・・

 

瞑想+1で臆病キッスのエアスラまで身代わりが耐える堅い配分

シンクロノイズは自分とタイプ被り(つまり今大会の全員)に威力120の超技

相手のサナ以外にはハイボよりもダメージが入るので採用

というか相手のサナもだいたい瞑想1回で確2入るので関係なかった

めざ地はもちろんクチ・鍵への打点だが一撃で倒すにはC+2が必要

メガクチは後述のデデンネと合わせて落としに行く

 

相手のクチートにこいつが落とされることは殆どなかった

メガ枠の選択は正しかったと思う

 

f:id:ginnnanpoke:20160214091536g:plain

デデンネ@レッドカード/物拾い/臆病

107(236)-*-49(12)-77(192)-55(12)-86(56) 

10万 めざ毒 頬すり 甘える ※個体値V奇UUUV

調整:10万+メガサナのめざ地でH252メガクチが8割落とせる

   10万で無振りマリルリに最低75%(最速個体は腹太鼓できない)

   めざ毒でH252エルフーンに最低73%

 

   陽気無振りメガクチのアイヘを乱数1つ切って耐え

   意地マリルリのじゃれつくを乱数1つ切って耐え

   素の控えめサナのシンクロノイズを乱数3つ切って耐え

 

   最速75族(クレッフィ)抜き

 

起点回避のためCに厚く振ったレート上位向け先発様子見マン

メガクチは強い人からHS・AS・HAの3つの配分に大きく分かれる

・HSは過剰な火力を抑え耐久と同速に負けない速さを確保

・ASは同速負けしたくない、まで考えた人

・HAは何も考えずシングルの流用した人

 

先発でかち合うことの多いメガクチに対し10万を選択することで

・10万がクチートに4割ならH振り、5割ならAS

デデンネがアイヘで死ぬ→A振り

と配分がわかり、かつ生き残ればレッドカードで一旦ベンチに押し戻せる

もし剣舞されても甘える連打すれば最終的にメガクチのAは上がらない

レート上位はHS配分が多いため大抵生存し裏に麻痺を入れられた

 

ここまでで技は10万・甘える・頬すりすりまで確定

最後に10万の通らないエルフーンデデンネへのめざ毒を採用

麻痺を嫌って身代わりするエルフーンが多く、身代わり⇒めざ毒でもう身代わりが貼れずやどみが展開ができなくなる

腹太鼓を通されるとゲームエンドの最速マリルリを75%削れるだけのCが役に立った